注文住宅の不具合例

よくある重大な不具合例

床下の浸水や漏水はよくある不具合例として多くあります。
入居後に床下の点検口をあけたらこのような状態になっていた例です。
床下には色々な給水管や排水管が配管されています。
その管に穴が空いていたケースもありますが、ほとんどの場合接続箇所の施工ミスなのです。
特にお風呂や台所の排水管の接続不良が多く占めています。

次に床下に雨水が浸水することです。
これは基礎のコンクリートの継ぎ目から入ってきます。
コンクリートを分けて打設する時に隙間が空く施工ミスです。
基礎内の鉄筋が錆びてしまいますので早く補修しなければなりません。
これはコンクリートの打設時に確認しておいた方がよいでしょう。

同じ床下の問題で湧き水が出てしまうこともあります。
湧き水の出るところは役所で調べることができます。

その他の施工不良

換気ダクトの接続にも注意しましょう。
接続不良だけではなく、そもそも接続し忘れていたケースも多いと聞きます。
これは完成時の検査で見ることができますので、確認しておきましょう。
数年たって天井裏がカビだらけになって気づくこともあります。

次に下地の施工不良です。
天井や壁などのクロスのひび割れも多いです。
下地材のボード間の隙間がひび割れを生じているのです。
家は自然災害などで動きますので、それで下地材が動くのですが、施工不良などはクロスを貼られる前に確認ができます。

屋根裏の結露も多い例で、換気口のない住宅や換気容量の少ない住宅によくあります。
ですが、換気口のそのものを断熱材で塞いでしまっているケースもありました。


この記事をシェアする